「御中」「各位」「殿」「様」の使い分けは大丈夫?「大人のマナー」 - はっぴーママ.com

サイトマップサイトマップ
ヘルプヘルプ

HOME > 大人のマナー > ぷらすαのマナー教室 > 「御中」「各位」「殿」「様」の使い分けは大丈夫?

大人のマナー

「御中」「各位」「殿」「様」の使い分けは大丈夫? - 手紙の書き方 -

「御中」は社名や団体名の下に

会社や官庁、学校などの団体や組織、部署あてに手紙を書いたり書類を送ったりするときには、社名や団体名の下に必ず「御中」をつけます。例えば懸賞に応募するときでも、「○○製菓ラッキークイズ係御中」となります。「御中」のつけ忘れは意外と多いようですが、相手を呼び捨てにすることになり大変失礼ですから、くれぐれも注意しましょう。

「各位」は大勢の人にあてるときに

複数の人に同時に出す文書で、個人名を省略するときに使うのが「各位」です。「△△スポーツクラブ会員各位」というように、主に公用文や商用文で用いられます。ちなみに「各位」とは“おのおのがた”、つなわち“皆様方”という意味ですから、「各位様」「各位殿」「各位御中」といった使い方は間違いです。

「殿」は目下の人に使うもの

「殿」は「広報部長殿」「山田専務殿」など、役職名もしくは個人名のついた役職名で手紙を出すときによく使われてきましたが、本来は目下の人への敬称として用いられるものなので、最近では公用文・商用文でも「様」を使うことが多くなっています。「専務山田一郎様」というように、“役職、氏名、様”の順で書くようにするといいでしょう。

個人あてなら「様」がオールマイティー

「様」は個人への敬称として、最も多く使われています。きちんとした文字で丁寧に書くことを心掛けましょう。

Check

■手紙の書き方

平日15時まで即日配送。礼服、ドレス通販、試着も可能なフォーマル専門店。

  • ●ブラックフォーマル(礼服・喪服)、スーツ、パーティドレスなどフォーマル専門
  • ●急用に対応、15時までの注文で最短翌日にお届け。1万円以上のご注文で送料無料
  • ●試着ができて全商品返品可能、スーツ・ドレスの返品時送料も不要で安心

フォーマル専門店 TISSE(ティセ)


PR
<PR>
<PR>