たばこを誤飲した時の応急処置「子育てお役立ち辞典」 - 妊娠・出産・育児相談のはっぴーママ.com

サイトマップサイトマップ
ヘルプヘルプ

妊娠・出産・子育てTOP > 子育てお役立ち辞典 > たばこを誤飲した時の応急処置 - 事故と応急処置<はいはい期>

たばこを誤飲した時の応急処置

Check

たばこの誤飲がダントツに多い

赤ちゃんの誤飲事故のうち、圧倒的に多いのがたばこの誤飲。発生件数の約半数を占めています。たばこを吸う家庭ではたばこや灰皿を赤ちゃんの手の届かない場所に置くのはもちろんのこと、灰皿に吸殻をためない、ジュースの空き缶を灰皿代わりに使わないといった注意が必要です。しかし、一番大切なことは事故防止と健康のためにも、たばこの無い家庭にすることです。

■応急処置:たばこはすぐに吐かせる
  • たばこに含まれるニコチンは体内に吸収されるのが早いので、赤ちゃんがたばこを飲んでしまった場合には口の中に残っているたばこをぬぐい取り、すぐに吐かせます。吐かせたら急いで病院(小児科、外科)へ連れて行きましょう。
  • [1] コップ1〜2杯の水を飲ませる。飲まないときは鼻をつまんで口を開かせて飲ませる。
  • [2] 赤ちゃんの口に指を入れ、舌の付け根を強く押して吐かせる。後ろ向きに抱いて一方の手で胃のあたりを押してもよい。
葛飾赤十字産院院長 三石 知左子(みついしちさこ)先生
監修プロフィール
葛飾赤十字産院院長 三石 知左子(みついしちさこ)先生
東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
詳細プロフィールはこちら
育児のQ&A フリーワード検索
これまでいただいた質問を検索できます。みなさんと同じ悩みが見つかるかもしれません。

サイト内関連記事

by weblio


PR
<PR>
<PR>