妊娠中のおりものの変化と対策「どう変わる?産前・産後ママの心と体」 - はっぴーママ.com

サイトマップサイトマップ
ヘルプヘルプ

HOME > はっぴーママ特集 > どう変わる?産前・産後ママの心と体 > 妊娠中のおりものの変化と対策

どう変わる?産前・産後ママの心と体
Check

妊娠中のおりものの変化と対策

アンケート結果では、実に4割のママ達が妊娠・出産をきっかけに、おりもの、尿もれについて変化があったと回答しています。もしかしたら私だけ?と気にはなるけど、人には聞けない悩みですね。
おりものについての原因と対策を、ユニ・チャームさんにアドバイスしていただきました。

妊娠中をきっかけに、どうしておりものは変化するのでしょうか?

妊娠・出産を通して、おりものに変化があったと感じている女性は4割。そのうち8割以上の方が、量が増えたと感じています。アンケートに寄せられたコメントによると、妊娠中だけ量が増えた方のほか、産後も量が増えたりにおいや色が気になるようになったという方もいるようです。どうして妊娠中、そして産後におりものは変化するのでしょうか。

妊娠、出産とおりものの変化

月経が毎月決まった時期に来るように、女性のからだは女性ホルモンの影響を受けながら、決まったサイクルで変化をくり返しています。このサイクルには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)というホルモンの分泌が関係しています。
妊娠中におりものが増えたと感じる理由は個人にもよりますが、この卵胞ホルモンの分泌が増えておりものの量が多くなるという変化によります。また、産後はホルモンバランスが不安定な時期のため、おりものが出産前と変化したと感じることもあるでしょう。

どんなおりものが正常?それとも異常?

おりものの代表的な悩み

おりものについて気になっていても、恥ずかしさから、また、他人と比較するわけにもいかないことから「そもそもどんなおりものが異常なのか」が分からず不安を感じる方が多いようです。妊娠中は、とくにおなかの赤ちゃんへの影響を考えて不安も大きくなります。妊娠中、そして産後のおりものは、どのような状態なら正常なのでしょうか。

健康なときのおりものはおおよそ乳白色で、下着について乾燥すると白っぽくなったり、やや黄色みがかったりしてすっぱいにおいがすることもあります。
異常なおりものとは、たとえば異常に量が多い、悪臭がする、黄緑色や茶褐色、血液が混じる、膿のようなおりもの、かたくてポソポソしているなどです。このような場合、外陰部や腟のかゆみといった別の症状をともなうこともあり、何らかの病気が考えられます。心配なときはなるべく早めに婦人科を受診してください。

おりもの対策はなにが一番効果的なのでしょうか?

ママたちのおりもの対策

おりものが気になっている女性の6割がおりもの専用パッドを使用しています。生理用ナプキンを代わりに使用している方は少ないようです。コメントでは「Tバックに対応してほしい」「かぶれやすいた体質なので肌にやさしいものはないか」などの意見が聞かれました。生理用パッドを代わりに使用している方の中には、かぶれに悩む方もいらっしゃるようです。おりもの専用パッドの種類はどのくらいあるものなのでしょうか。どんな点に特徴があるのでしょうか。

パンティライナーの種類は、超薄型〜ロングタイプ、無香料とにおいつきの香料と色々あります。材質や薄さなど種類があるので、自分に合った商品を見つけましょう。
敏感でかぶれやすいお肌の方は、シートが肌にやさしい素材、通気性が良いというのがポイントになります。素材は、天然コットンを100%使用した商品が一番ショーツの素材に近いタイプです。においが気になる方は、香料タイプを選ばれることもオススメです。また、ふだんからパンティライナーを利用していれば下着ケアにもなります。
おりものが多い時期は下半身を締めつけるガードル、ジーンズ、パンツは避けようにすることも良いでしょう。そして、おりものと上手に付き合うには、ショーツがむれずサラサラであることが必要です。パンティライナーを使用しない時、おりものでショーツが汚れてしまった時、ショーツの中がむれてしまいお肌に負担がかかります。パンティライナーを使用して、毎日こまめに交換することがお肌への負担をなくし、清潔・快適さを保つ秘訣です。

サイト内関連記事

by weblio


PR
<PR>
<PR>